« 困惑憂愁接踵而來 | トップページ | すっぽんぽんや »

2016年9月 9日 (金)

迫ってきては引いていた

20150826142959_azrtvthumb224_0  
それだけを言うと、校長は降壇して教頭たち数名と体育館から出て行った。
その後、生徒たちも順番に教師の指示でそれぞれのクラスへと帰って行った。
自分のクラスの列に並んでいた僕は、それにはついて行かずに途中で列から外れると、如新nuskin產品いつも通り自習室に帰った。

羽賀が死んだ。

それは、近藤が羽賀を問い詰めたから。
それは、マスコミが大臣の近藤を追求したから。
それは、僕がマスコミにばらしたから。

羽賀は僕が殺した。

校長の話が終わり、自習室に戻ってきてから、これらの言葉がずっと頭の中をこだました。
その言葉の螺旋が1周するたびに、手先がピリピリと痺れだし、がたがたと震えだした。
胸がだんだんと苦しくなると、我慢できずにトイレに駆け込んで戻した。
戻して少しすっきりすると、また頭を同じ言葉がぐるぐるとまわりだし、吐くものがなくなると、吐き気だけが苦しく続いた如新nuskin產品
しばらくすると、

自業自得だ。
報いを受けたんだ。

その言葉が頭に浮かんだ間だけ、吐き気は収まった。

その様子を見ていた自習室の管理教師である牧原が気遣って、帰宅を促してくれた。
今日は何しに来たのかと自問した。
家に帰る準備をし始めると、帰ってからの憂鬱や不安が波のように引いては迫り。
どうせ家に居てもネットでこのニュースは大々的に報道されているだろうnuskin 如新、SNSや掲示板ではこの話題が踊っているだろう。

« 困惑憂愁接踵而來 | トップページ | すっぽんぽんや »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迫ってきては引いていた:

« 困惑憂愁接踵而來 | トップページ | すっぽんぽんや »